皆様
ハウステンボスが運営している「変なホテル」というのをご存知でしょうか?

http://www.h-n-h.jp
※広告じゃないです。 

このホテルは全てロボットが対応します。
生身の人間はいない、全てがロボットコンシェルジュです。
フロントもロボット。
部屋まで荷物を運ぶのもロボット。
部屋でのサポートもロボット。
有りとあらゆるものが最先端技術によるロボットで構成されています。

ロボットには感情がない。
そう言われ続けてきましたが、現在は人工知能の発達により、ロボットにも計算し尽くされた感情というものが作り出されています。
多くの業界でロボット化が進んでいます。

では、ここで疑問が生まれました。

ロボットが交際クラブを運営出来るのか?

答えは
「絶対に無理。」
です。

女性面接では
「この女性のいい部分をどう見せるか?」
というテーマで撮影をしています。
一人一人が全て違います。
同じような女性なんているわけありません。
こちらが用意したテンプレートに当てはまる人なんているわけありません。
女性は自然な感情を出させる為にスタッフは常に戦っています。
女性が抱える交際クラブに対しての不安や心配を払拭することができるでしょうか?

計算外が起きるのが人間の感情です。ロボットなんかにこの細やかな感情が理解できるはずがありません。

男性会員様に営業をする場合でもそうです。
ロボットでは分かり得ないその男性の好み、データベース上では分かりつつも、本当の意味での営業というのは、顧客の思いよりも先を行くものです。

ロボットは、平均値や検索能力は人間よりも上回っているのは当たり前です。

何よりも誰よりも先に
相手の気持ちを、感情を読み取り
この女性に素敵な出会いを、
この男性にときめきを与えたい、
その思いを作り出せるかどうかだと思います。


人と人の巡り合わせは偶然の産物です。
私達コンシェルジュはその「偶然」というきっかけを作り出さなければいけません。

もしかしたら1分1秒の狂いがあったら2人は出会っていなかったかもしれません。
私達スタッフの仕事は、その2人の人生における一瞬をプロデュースしているんだと考えています。

こんな考えが、ロボットの知能に埋め込まれることはどんなに技術が発達したとしても無理だと感じています。



この記事を書いた理由として、
私田嶋は昨日テンプレートのままで男性会員様にメールをお送りしてしまった経緯がございました。
そうです。コピペのままです。 
 
コピペなんて入社1日目の新人でも出来ることを私田嶋はミスをおかしてしまいました。
そのお相手の男性様の状況や環境も考えずに連絡してしまったのです。
そして、今回の「変なホテル」を取り上げた番組をみました。
これから育っていく新人スタッフ、そして今一度古いスタッフにも感じてほしいという思いを込めて記事にさせていただきました。


田嶋 陽平

交際クラブ 「ユニバース倶楽部」では全国で男女会員様を募集しております。
入会には面談・面接と審査が必要です。
詳しくは各地コンシェルジュまで

 
offical
オフィシャルサイト

  papakatsu-bana
女性用サイト

 
 
友だち追加数
女性用LINE


★Connect with UniverseClub★


facebook@2x      twitter@2x      instagram@2x